平成20年~
平成20年(2008年) 箱根駅伝12年ぶりの往路優勝、総合でも2位
東京六大学陸上は3年ぶりに優勝
関東インカレ男子は55点8位、女子は57点5位と健闘
7月、ポーランドの世界ジュニア陸上に笹瀬正樹と三田裕介が出場
8月、北京オリンピック竹澤健介とOBの佐藤敦之(中国電力)が出場
日本インカレ男子は77点4位、女子は21.5点13位
早慶陸上4×200mリレーで1分22秒67の日本新記録(江里口・楊井・木原・木村)
早関陸上は台風接近のため中止、出雲駅伝は11位と振るわず
全日本大学駅伝は駒沢大に44秒差の2位に躍進
平成21年(2009年) 箱根駅伝往路2位、復路で東洋大に再逆転され41秒差で総合2位(2年連続)
東京六大学陸上2年連続総合優勝
4月中旬、Mt. SAC Relays(アメリカ・ロサンゼルス郊外)に早大チーム単独遠征(4×100mRメンバーほか7名)
関東インカレ男子は総合4位(92点)・トラック優勝(72点)、女子も総合4位(55点)、女子マイルリレー初優勝
日本選手権100m江里口匡史が優勝、木村慎太郎が2位、準決勝では江里口が10秒07(日本歴代4位)
ユニバーシアード(ベオグラード)に江里口・木村・堀池靖幸(走幅跳)が出場
世界陸上(ベルリン)に江里口・木村と近藤高代OG,佐藤敦之OBが出場。江里口は4継の1走で4位入賞
日本インカレは男女とも3位(男子:71点・女子:50点)、江里口は100m3連覇、男子4継2連覇、女子マイル初優勝
 混成競技で有間一郞が早稲田新記録で優勝(7373点)
日本選手権混成で土井翔太がジュニア日本新記録(7175点)を樹立
出雲大学駅伝は4位と久々の上位入賞
日本選手権リレーは男子400mR-2連覇、マイル-2位、女子400mR-2位、女子マイル-3位
全日本大学駅伝は、総合4位
平成22年(2010年) 箱根駅伝往路7位、復路10位、総合7位。何とかシード権は確保。
丸亀ハーフマラソンで平賀翔太が早稲田記録を更新(1時間2分8秒)
東京六大学陸上は3連覇(トラック・フィールドとも優勝)
関東インカレは男子総合3位(トラック優勝・多種目優勝)、女子総合8位
日本選手権100m江里口は2連覇、ディーン元気がやり投げの早稲田記録を更新76m06(3位)
世界ジュニアは1万mで大迫傑(8位)・志方(9位)、やり投げでディーン元気が2位入賞(早稲田記録を再び更新)
日本インカレ総合2位-1964年(昭和39年:第33回大会)以来46年ぶり。
 江里口は100m4連覇(73大会ぶりの史上2人目)
出雲大学駅伝は14年ぶり2回目の優勝
日本選手権リレー(男子1600mR)で27年ぶりの優勝
岡崎達郎が1500mの早稲田記録を更新(3分42秒58)-かわさきフェスティバル(10月)
ディーン元気がやり投げで日本ジュニア日本新記録(78m57)(西日本カーニバル)
全日本大学駅伝は15年ぶり5回目の優勝(大会新記録)
上尾シティマラソンで大迫傑がハーフのジュニア日本新記録(早稲田記録)1時間1分47秒
アジア競技大会には江里口(100m)が出場。笹瀬は代表に選出されるもケガのため辞退
平成23年(2011年) 箱根駅伝18年ぶり13回目の総合優勝。往路は2位、復路は18年ぶり16回目の優勝
2月に大学駅伝3冠達成祝賀会を開催(グランドプリンス新高輪・飛天にて、参加者700人)
東京六大学陸上は4連覇(トラック・フィールドとも優勝)
関東インカレは70年ぶり18回目の総合優勝 優勝種目は1500m(八木勇樹)、棒高跳(笹瀬弘樹)、やり投(ディーン元気)。女子は7位(37.5点)、優勝は100mH(紫村仁美)
日本選手権では、江里口匡史OBが学生時代から引き続き100m3連覇。やり投のディーンは2位ながら79m20の早稲田新記録
ユニバーシアード(中国深玔)は大迫傑(10000m)、矢澤曜(ハーフマラソン)、笹瀬(棒高跳)、ディーン(やり投)が出場。大迫は28分42秒83で優勝
日本インカレ(熊本)は、53年ぶり11回目の総合優勝 男子は1500mで大迫、棒高跳で笹瀬が3連覇、やり投でディーンが優勝。女子は、蔭山愛が200mの優勝を含め3種目、紫村が2種目に入賞、2人で27点の10位。
紫村は100mHの早稲田記録を13秒41に更新
出雲駅伝、全日本大学駅伝はともに3位
11月23日、大隈ガーデンハウスに於いて関東学生・日本学生総合優勝祝賀会を開催。参加者は競走部員92名、WAC会員82名を含め約200名
箱根駅伝、往路は5時間29分52秒の早稲田新で2位だったが、復路は4位、総合でも4位
合宿所の寮監を務める福本健一さんが作る料理が『早稲田大学競走部のおいしい寮めし』という本として出版され注目を集めた
平成24年(2012年) 織田記念国際陸上のやり投でディーン元気が84m28の日本学生新記録、紫村仁美も100mHで13秒15の日本学生新記録をマーク
関東インカレは93点で総合2位 男子は200mで竹下裕希、やり投でディーン、5000mで大迫傑が優勝、リレーも71年ぶりのヨンケイ・マイルの2冠を達成。女子は紫村が100mと100mHで2冠達成の大活躍。総合53点の5位
日本選手権ではディーンが84m03で第一人者の村上幸史を破って五輪出場内定、100mは江里口匡史OBが4連覇、2位に入った九鬼巧も代表メンバーに入った。大迫は10000mのラストで佐藤悠基に僅差で敗れ涙を飲んだ。女子400mで3位に入った蔭山愛は予選で53秒83の早稲田新記録
世界ジュニア(バルセロナ)には木村賢太が出場
ロンドン五輪はディーンが初出場で予選を突破したが、決勝は79m95で惜しくも10位に終わった。男子4×100mRでは江里口が2走の日本が5位に入賞
日本インカレは総合は73点で3位 学生は男子が関東学生に続きリレー2種目で優勝、400mHは野澤啓佑が49秒49の早稲田新記録で優勝(30年ぶり)。女子は25点で総合6位
実業団対学生で野澤啓佑は400mHの早稲田記録を49秒15に
日本選手権リレーでは2種目とも制し、両インカレとともに6冠達成の快挙を成し遂げた
出雲駅伝は6位
全日本大学駅伝は3位
箱根駅は総合5位に終わる(往路2位、復路8位)
平成25年(2013年) 東京6大学は2位で連覇は5でストップ
カージナル招待(米国カルフォルニア)で大迫傑が10000mで27分38秒31の好記録(日本歴代4位・早稲田新)
関東インカレはやり投でディーン元気が4連覇、400mHは野澤啓佑が優勝、4×100mRは2位ながら38秒81の早稲田新記録、総合は56.5点6位
日本選手権、女子100mHで紫村仁美OGが13秒02で優勝、10000m2位の大迫傑の2人が世界陸上代表に。女子走幅跳は岡山紗英子OGが6m59で優勝
ユニバーシアード(ロシア・カザン)大会はディーンがやり投で5位、野澤が400mHで6位、野澤は4×400mR(2走)でも5位
モスクワの世界陸上、大迫は10000mで21位、紫村OGは100mH予選敗退
日本インカレは総合は83点で2位 100mで九鬼巧が優勝、400mHの野澤が2連覇、ディーンは2年ぶり2回目の優勝
早関戦は43対17で圧勝。早慶戦は30対27で辛勝も最後の4×200mRで1分22秒41の日本新記録をマーク(木村・竹下・愛敬・永沼)
日本選手権リレーは4×100m、4×400mともに2年連続で2 冠達成
駅伝は出雲、全日本大学とも4位。90回記念大会の箱根駅伝は初出場が7人(1年生3人)という苦しい布陣で総合4位。2区高田康暉(3年)が区間賞、4区平和真(1年)と6区三浦雅裕(2年)の早稲田新記録の好走
冬季オリンピック・ソチ大会のボブスレー(4人乗り)に佐藤真太郎(平成15年卒)が出場。競走部からは1928年のサンモリッツ大会のスキー(距離)に出場した麻生武治以来の快挙
日本学生ハーフマラソンで田口大貴と井戸浩貴が2位・3位
平成26年(2014年)
 創部100周年 
東京6大学は2年連続2位
関東インカレは総合6位(55点) 優勝は400m加藤修也(1年)、女子は羽角彩恵(4年)が400mHで優勝
日本選手権 女子棒高跳で井桁(濱名)愛OGが4m09で初優勝
世界ジュニア選手権 男子400mで加藤修也が2位入賞(46秒17)、4×400mRでも2位入賞(4走)
日本インカレは総合5位(62点)・トラック優勝(62点)、優勝は400m加藤修也(45秒88)
早慶戦、早関戦ともに敗れ連勝がストップ。早慶戦の4×200mRで1分22秒12の日本新記録(橋元・竹下・愛敬・三原)
アジア競技大会(韓国・仁川) 男子400mで加藤修也(1年)が5位入賞(46秒13)、4×400mRは優勝(4走)
出雲駅伝は台風接近のため中止に
日本選手権リレー 4×100mRは2位、4×400mRは3連覇
全日本大学駅は7位でシード権を逃す
11月9日グランドプリンス新高輪(飛天)にて、競走部創部100周年記念式典を開催
箱根駅伝は総合5位(往路6位・復路3位)、6区三浦雅裕(3年)が区間1位の好走
20km競歩の早稲田記錄を再三更新した小林快(4年)は、学生最後のレース(全日本競歩能美大会)で、
1時間19分12秒の早稲田新記録(日本歴代5位)
平成26年(2014年)