昭和60年〜平成9年
昭和60年(1985年) 箱根駅伝は4区からトップに立ち、堂々の2連覇、11回目の優勝を飾った。
雪の復路は日体大に20秒及ばず完全優勝はならず。
メンバー(田原貴之、遠藤司、坂内敦、高橋雅哉、木下哲彦、赤堀正司、伊藤雅弘、尾崎一志、川越学、豊福嘉弘)
「2連勝」
いいピッチで豊福、勝利の風に乗って快走、華やかにゴールへのカーブをまわってガッツポーズでテープを切る。
往路5時間35分56秒、復路5時間35時間20秒、 総合11時間11分16秒。
2位順大に4分27秒の差をつけて、去年に引き続き2連勝した。
鈴木新監督会心の用兵であった。
                                                    早稲田アスレチック倶楽部会報より
関東学生は5位。
日本学生は4位。川越学が長距離2冠。
青木半冶、オリンピック・オーダー受賞。
織田幹雄、東京都名誉都民に。
昭和61年(1986年) 箱根駅伝は往路で3年連続のトップ。木下哲彦(現在は金)は4年連続で山を登り2回目の区間賞。
復路は9位と崩れ、アンカーが順天堂大に抜かれ2位に終わった。
新シーズンの競走部員は47人というピンチ。
東京六大学は3位、関東学生7位、
日本学生は必死で10点を取り10位。
西田修平、早大スポーツ功労者に。
昭和62年(1987年) 箱根駅伝で、日本テレビの生中継が始まる。
高視聴率で一気に全国区のスポーツイベントに。
池田克美が1区で一時ドン尻からトップを奪うも総合8位に終わる。
3月31日、東伏見のグラウンドのお別れ会
「惜別」
東伏見グラウンドよ!
いま、われわれはじっとまたたきもせずにあなたを見つめておこう。
いつでも思い出の抽斗からまっ先にあなたを取り出せるように。
今、東伏見グラウンドは草創期のあの280mトラックとともに早稲田大学競走部部史のなかに吸収されていく。
われらは凝視して、あなたの後ろ姿を見送ろう、感謝と惜別の拍手の嵐をもって。
東伏見グラウンドよ!
                                                            戸田 純(昭和14年卒)
東伏見のグランドでの厳しい練習から47の日本新記録が生まれた。
そのトラックをOB、現役が一周し、30年間にわたる汗と涙の跡を噛みしめた。
4月、所沢に「人間科学部」誕生、キャンパスの前にグラウンドも完成した。
競走部に女子部員2人が入部。
関東学生、日本学生とも8位。
所沢に合宿所もオープンした。
昭和63年(1988年) 箱根駅伝は8区で繰り上げ出発となったが、何とか11秒差で9位に踏みとどまった。
関東学生は7位。女子走高跳で小倉良重が2位。
日本学生は6位。
ソウル・オリンピック。瀬古利彦、遠藤司のOB2人と大沢知宏が出場。
瀬古はマラソンで9位。

織田幹雄、文化功労者に。
平成元年(1989年) 箱根駅伝は10位に沈み12年ぶりに予選会からの出直しとなる。この年から名物の伴走車が消えた。
関東学生は8位。三段跳で大野正が早大27年振りの優勝。
日本学生は7位。池田克美が長距離2冠。
昭和39年以来中断していた早関戦が復活
神戸・王子競技場での対戦は39-19で快勝した。
第1回出雲全日本大学選抜駅伝は13位。
箱根駅伝予選会は4位で通過。
西田修平、オリンピック・オーダー受賞。
平成2年(1990年) 箱根駅伝は9位。
関東学生は8位。
日本学生は7位。
400mの渡邊高博とハンマー投の山本聡が2冠。
日本学生のハンマー優勝は61年ぶりの快挙。
平成3年(1991年) 箱根駅伝は1区で武井隆次がトップも、2区で櫛部静二が大変調、13人に抜かれてファンの涙を誘った。
結局、総合で11位に終わり、また予選会に。
関東学生は8位。
女子100mで久保千晴が優勝。創部78年目にして記念すべき女子の初優勝となった。
出雲駅伝は2位。
箱根駅伝予選会は1位で通過。個人は櫛部が1位。
平成4年(1992年) 箱根駅伝、往路は2位も、復路で崩れて総合6位。山梨学院大が創部7年目で初優勝。
関東学生は5位。
バルセロナ・オリンピック。渡邊高博が出場。
日本学生は9位。
400m五輪帰りの渡邊、10000mで櫛部が意地の優勝。
所沢のグラウンド、全天候に改装。
第24回全日本大学駅伝、初出場で優勝。
先手必勝の作戦が当り、山梨学院大を破る。
平成5年(1993年) 第69回箱根駅伝、完全優勝で8年ぶり12回目の栄冠。
往路 5時間32分48秒(大会新)
復路 5時間30分46秒
総合 11時間03分34秒(大会新)
1区櫛部の区間新の快走で波に乗り、4区花田勝彦も区間新、6区で山梨学院に一旦はリードを許すも7区武井隆次が区間新で逆転し3分の貯金。これが優勝の決め手となった。
メンバー(櫛部静二、渡辺康幸、小林正幹、花田勝彦、小林修、大塚毅、武井隆次、高瀬豪史、豊福知徳、富田雄也)
「感涙のゴールイン」
名門復活 早稲田8年ぶりV
エリートとノンエリート選手の力が噛み合った早稲田が復路も制し、8年ぶりの総合優勝。富田選手はゴールの1km手前から感激の涙を流していた。
                                      箱根駅伝80回大会記念誌 見出しとゴール写真の記事より
関東学生は9位。
日本学生は5位。5000mは花田、渡辺でワンツーフィニッシュ。
早慶戦は26-30で3連敗。
出雲駅伝は2位。
全日本大学駅伝は2連勝。
平成6年(1994年) 第70回箱根駅伝は記念大会で20校出場。
山梨学院大とのマッチレースは9区で突き放されて連覇は成らず2位。
武井隆次の4年間全て区間賞はエースの証明。
関東学生は3位。
日本学生は7位。5000mで渡辺康幸と小林雅幸がワンツーフィニッシュ。
所沢で初の競技会である早関戦は振わず2連敗。
早慶戦は22-35で慶応に4連敗。
出雲駅伝は2位。
全日本大学駅伝は3連勝を飾る。
平成7年(1995年) 箱根駅伝、5時間29分36秒の大会新で往路優勝
山梨学院大と4度の逆転劇も届かず総合2位。
関東学生は11年振りの3位。
渡辺康幸の長距離2冠などで昭和63年以来のトラック優勝。
日本学生は7位。
イエテボリの世界陸上、10000m予選で渡辺康幸が27分48秒55の日本学生新記録。
福岡のユニバーシアード、10000mで渡辺康幸が優勝、小林雅幸が4位。郷原剛、土江寛裕も出場。
9月に競走部創部80周年祝賀会。
早関戦は3連敗、早慶戦は5連敗を免れる。
出雲駅伝は2位。
全日本大学駅伝はアンカー渡辺が逆転して4連覇。
平成8年(1996年) 箱根駅伝、往路は山登りの小林雅幸の区間新もあり独走で2連勝。復路は5位で総合2位。
関東学生は7位。ハーフマラソンで荒川誠が2連勝。
女子10000m、小尾麻美が優勝。
日本学生は5位。
アトランタ・オリンピック。選手は花田勝彦、渡辺康幸(OB)土江寛裕、馬塚貴弘。
日本選手団総監督に小掛照二、陸上監督に桜井孝次、コーチに瀬古利彦。
出雲駅伝、アンカー小林雅幸の8人抜きで初優勝。

全日本大学駅伝は4位。
平成9年(1997年) 箱根駅伝は5位。
関東学生は10位。
日本学生は4×100mリレーで16年振りに優勝したが総合11位。女子は14位。
早関戦は23-35で5連敗。
日本選手権リレー4×100mで18年ぶりに優勝、連勝記録が始まった。
出雲駅伝は6位。
全日本大学駅伝は3位。